Preventive dentistry

多くの場合、虫歯や歯周病など歯の病気になってから歯科医院で治療を受けますが、予防歯科は歯と歯茎の病気そのものを予防するといった目的があります。虫歯や歯周病などで歯を失うと、食事や会話など日常生活の様々な場面で支障をきたしてしまいます。 自宅での歯磨きやセルフケアに加え、予防歯科でプロのケアを受けることで、健康な歯を保つことができます。
予防歯科とは?
歯を失う原因
日本人が歯を失う原因の第一位は歯周病、第二位は虫歯です。
歯周病は進行していく過程で、歯茎や歯槽骨(しそうこつ)などが破壊され、歯を支えきれなくなります。虫歯は細菌が作り出す酸によって歯質が溶かされ、最終的には歯そのものを失います。
この2つの病気を予防するだけでも、歯を失うリスクを大幅に減少させることが可能なのです。そこで有効なのが歯科医院で受ける定期検診やPMTC、メンテナンスです。
歯を失う原因
予防歯科で行うこと
予防歯科は、虫歯や歯周病を予防するための診療科なので、歯を削るようなことはいたしません。 
痛い思いや不快な思いをすることもありませんのでご安心ください。予防歯科で行う診療は、お口の中の異常をチェックする定期検診、歯の表面の汚れを除去するPMTC、歯質を強化して虫歯菌に負けない強い歯を作るフッ素塗布などです。 
こうした予防処置を定期的に受けることによって、虫歯・歯周病を効率良く予防することができます。
予防歯科で行うこと

予防歯科の流れ

予防歯科の診療は以下の流れで進行します。
  • Step

    問診・カウンセリング

    問診・カウンセリング
    お口に関するお悩みがあればお聞かせください。とくに気になる部位があれば、念入りに診査します。
  • Step

    お口の検査

    お口の中の検査
    お口の中を拝見し、虫歯や歯周病にかかっていないかチェックします。また必要に応じてレントゲン撮影、歯周ポケット検査などを行い、何か口臭の原因になる虫歯、歯周病、不良補綴物がないか見ていきます。結果を患者様に丁寧に説明いたします。
  • Step

    クリーニング

    クリーニング
    歯石の除去、バイオフィルムの除去を行っていきます。ドクターもしくは衛生士が担当します。歯茎の中にたまってしまった黒い縁下歯石と呼ばれるものは麻酔をして除去することもございます。
  • Step

    ブラッシング指導

    ブラッシング指導
    磨き残しの多い場所などを指摘した上で、正しい歯磨き方法をご提案します。きれいな状態をセルフケアによってキープすることが予防歯科の最終目的となります。正しいブラッシング方法を担当衛生士よりしっかりレクチャーしていきます。
  • Step

    フッ素塗布

    フッ素塗布
    最後にフッ素塗布して予防診療は終了です。(ご希望者)
歯があるのは当たり前じゃない
(後期高齢者の平均本数は16本)
大人の歯である永久歯は、親知らずを除くと全部で28本生えてきます。若い頃はそのすべてがそろっているのが当たり前ですが、年齢が上がるにつれて1本、また1本と失われていきます。 
きちんとした予防ケアを行わなければ、かけがえのない天然歯の本数は確実に減っていくのです。
歯があるのは当たり前じゃない

Value for Tooth

皆さんは、ご自身の歯の価値について考えたことはありますか?私たちの歯は、一本当たり80万円の価値があるといわれています。
これを歯列全体で考えると、80万×28本=2240万円にもなります。 
歯はもともと身体に備わっているものであり、お金に換算することに抵抗を感じる方も多いかと思いますが、それくらい価値のあるものだとおわかりいただけたら幸いです。
歯の一本の価値

Self-care at Home

虫歯・歯周病予防を徹底するのであれば、歯科医院で受けるプロフェッショナルケアだけでなく、ご自宅でのセルフケアも充実させましょう。 
ブラッシング指導で身に付けた歯磨き方法を実践することに加え、デンタルフロスや歯間ブラシといった補助的清掃器具も適宜活用していってください。 歯質の強化に寄与するフッ化物を歯磨き粉やうがい薬で応用していくのも効果的な手法です。
その他、シュガーコントロールを始めとした食生活の改善も行っていきましょう。
自宅でできるセルフケア

Advantage

予防歯科の診療を受けることにはいくつかのメリットがあります。

口の健康状態が分かる
初期の虫歯や歯周病は痛みなどの自覚症状がなく、気づかずに進行していたなんてことがあります。予防歯科では、定期的にお口の状態を確認することで、早い段階で虫歯や歯の異常を見つけることができます。
いずれも早い段階で見つけることで、歯を削ったり、歯茎をメスで切開したりするような処置が不要となります。
口の健康状態が分かる
歯の健康に対する意識が高まる
定期的に歯科医院に通うことで、食事や歯磨きの仕方に意識を向けられるようになります。予防歯科を通して自分の歯に対する意識を高めることができます。
予防のプロフェッショナルである歯科衛生士からは、お口の健康維持・増進に寄与する有用な知識が得られます。
歯の健康に対する意識が高まる
自分の歯を守れる
虫歯が進行すると、歯を削った箇所に詰め物や被せ物をしなければなりません。人工的な詰め物や被せ物は大がかりな治療が必要になることもあり、強度も天然の歯には及びません。自分の歯を守るためにも予防歯科に通うことをおすすめします。
虫歯も歯周病も自然に治ることがない病気です。放置することはもちろん、症状がないからといって安心しきるのも良くありません。
自分の歯を守れる
歯科治療の費用を安くできる
予防歯科で定期検診を受けることで、歯の病気の早期発見・治療ができます。虫歯や歯周病が進行したときに治療を受ける場合に比べて、大がかりな治療が必要でないため、トータルのコストを抑えることができます。
結果として、生涯医療費の抑制につながることでしょう。これは患者様にとって極めて大きなメリットといえます。
歯科治療の費用を安くできる

About regular examination

定期検診では、歯や口の健康状態を確認したり、歯のクリーニングを行ったりします。歯のクリーニングでは、毎日の歯磨きでは落とせない歯石などの汚れを、専用の機械を使って除去します。
歯科医院の定期検診を受けることで、初期の虫歯や歯周病を見つけることができます。歯科医院の定期検診を受けると、老後により多くの歯を残せるようになるでしょう。歯の健康を守るためにも、3か月から半年に1回を目安に定期検診を受けることをおすすめします。
定期検診について

What is PMTC

PMTCは「Professional Mechanical Teeth Cleaning」の略で、歯科医師や歯科衛生士などの専門家が専門の機械を使用して、歯のクリーニングを行うことをいいます。
PMTCを受けることで、通常の歯磨きでは難しいバイオフィルムや歯石の除去が可能です。また、コーヒーやお茶などによるステイン汚れ、タバコのヤニ汚れもキレイにできるため、本来の白い歯を取り戻すことができます。 予防歯科の定期検診ではPMTCを行っているため、より健康な歯を保つことができます。
PMTCとは

Protect your teeth from tooth decay

毎日の歯磨きに加えて予防歯科の定期検診を受けることで、歯を健康に保つことができます。初期の虫歯や歯周病は自覚症状に気づきにくく、知らない間に進行が進んでいるといったことがあります。そうならないために、定期検診を受診することをおすすめします。
西大島駅近くで予防歯科の診療を受けたい方は、ぜひ当院へご来院ください。
予防歯科で虫歯から歯を守ろう